記事下

********

お読みいただきありがとうございました。
更新の励みになりますのでクリックしていただけると嬉しいです*

 にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

旧ブログリンク
旧ブログ:断捨離・片づけ奮闘記です。
お家もココロもすっきり暮らす。(FC2ブログ)へ

自分にモノを合わせていく・片づけで「波長の法則」が腑に落ちた。

e821b856e22b8c834f20f23280e3173c_s

スピリチュアル的に
「すべてのものには波動がある」のだそう。

そうは言われても
なんだかしっくりきませんね。

この「波動」という言葉
一体なんなのでしょう。

以下、私なりの解釈を書いてみました。
知っている人は読み飛ばしてくださいね。

人気ブログランキングへ

地球上にあるすべての物は
分子のレベルで微振動をしている

地球上の物質すべてが微振動をしているのはご存知ですか。
この微振動を、「波動」っていいます。

目に見える「色」も波動ですし
耳で聞こえる「音」も波動ですし
人間の感覚では見えない・聞こえない
紫外線・赤外線・電波・音波・電磁波・マイクロ波なども波動。

地球自体も波動があり
私たちの「体」や「意識」にも波動があります。

・トラコミュ 色、色彩、カラー、カラーセラピー

波動=微振動=揺れ=エネルギー

つまり、すべての物が「揺れて」いて
お互いに「揺らしあって」存在しているんです。
エネルギーを出し合って存在しているとも表現します。

波動の大きさや強さを表しているのが「波長」。
波長とは「波=揺れ」の長さや大きさです。

波長が合うとは

仲良しで気が合うことを「波長が合う」といいますが

たとえば

「A子さんとB子さんの波長が合う」場合

A子さんの言葉(音)や話の内容(意識)や見た目の印象(色・光)から発せられる波動(揺れ)を
B子さんが感じ取り、「心地いい」から一緒にいて「気が合う」となります。
同じようにB子さんからも波動を発して、A子さんも「心地いい」と感じます。

お互いに発する波動で、お互いを揺らしあい(共振)、心地いい揺れになるから「波長が合う」となるのです。

波長が合わないとは

では

「波長が合わない」場合はどうでしょう。

言葉(音)・話の内容(意識)・印象(色・光)から発せられる波動が
心地よくない揺れ方だから、「気分が悪く」なり
一緒にいたくない(共振したくない)という現象が起きます。

一緒にいて気分の悪くなる人には
聞きたくない・知りたくない・見たくないという気持ちが起こる。

だから、自分の波長に合うモノや人が
自然と周りに集まってくるというのが「波長の法則」なのだと理解しました。

片づけと「波長の法則」との関係性は?

「要らない」とか「なんか嫌だ」って思うモノとは
揺れが心地よくなく、自分と波長が合っていないのです。

家中のモノから要らないモノを捨てていくことは
「波長が合わない」モノを取り除いていくこと。

そうすることで、自分に合う波長のモノが残っていき
自然に、お部屋全体・お家全体と自分の波長が合うようになります。

だから、心地がいい。

心地よい波長を「感覚」として捉えることができるので
(こういうのを「周波数を合わせる」とか
「チャンネルを合わせる」というのだそうです。)

無意識に・直感的に「ときめく服」や「ときめくモノ」
つまり「波長が合うモノ」がわかるようになっていくのだと思います。

・トラコミュ こんまり(近藤麻理恵)流ときめきお片づけ

スピリチュアルの世界って、実はシンプル

波動とは微振動であり、「エネルギー」と表現されてもいます。
嫌なモノ、嬉しくないモノに「エネルギー」が奪われることは
自分の波動が下がる⇒「心地よくない揺れ」になるということ。

だからイライラしたり、気持ちが消耗したりしていたんですね。

スピリチュアルの世界は「怪しい」とか「怖い」と思っていましたが
この本を読んでから認識が変わりました。

波動や波長、揺れやエネルギーの関係がわかりやすく
また、スピリチュアル世界の「怪しい・怖い」部分を、
そういうことか!と納得させてくれた1冊。

すべてのモノが「波動」であり「エネルギー」であるならば
「怪しい・怖い」どころか、むしろ世の中はシンプルなのかもしれません。

・トラコミュ 日常の小さなできごとを愛する生活

・トラコミュ 魂、心(こころ、ココロ)

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク
PR